脱毛サロンにおけるIライン脱毛は照れくさそう、そんな訳でIライン脱毛を使わずにしてまってはいないでしょうか.恋人にも注視されるのが照れくさいといった感じのIラインを見ず知らずの店員さんに公開する状態に、すごく抵抗を感じてしまいますよね。ところが正直なところ、「それほど恥ずかしくありませんでした」と力が抜ける人が多いくらいです。

どうしてかというと脱毛サロンのケアテクニックなのです。ペーパーの使い切りショーツを身に付けて段階的にスライドしてやったり、タオルでデリケートスポットを隠しつつやったり。Iラインが丸出しとなるという事は全くないことから、考えていたほど照れくさくなかったと思っている人が多いそうなんです。

であるとしても「ホントに恥ずかしくないのでしょうか」といった心配な心のうちはそんな簡単には拭えませんのではないでしょうか。このような人はどうやってIライン脱毛が執り行われるのかを把握しておけば、すこしは助けになるのではないかと思います。

それ以外に「濡れちゃわないか」「Iラインにタッチさられることはないか」というような他人にはそんなに簡単には聞けない質問にも答えます。Iライン脱毛の前に確認してみてくださいね。

Iライン脱毛は恥ずかしさを感じない?処置のながれ

それでは具体的な処置のながれをタスクそれぞれに分割して解説していこうと思います。間違いなく認識していないよりは、前もって把握していたほうが助けになるのではないかと思います。

更衣室でペーパーパンツやガウン等に着替える

言うまでもなく着替えるときに従業員はおりません。デリケートエリアとは違うエリアも脱毛処理するならば、ガウンとかキャミソールなんかも準備されていまして上半身のお洋服も着替えることもあり得ます。

Iラインを脱毛処理するときは片側ずつ足をオープンする

どちらかの足を横にオープンした状況下で処置をしていきます。ペーパーショーツをほんの少しスライドして脱毛機器をあてるお肌ゾーンのみを露出させて実施していきますので、Iラインが丸出しにならないように気遣いしながら処置がおこなわれるのです。

ジェルを塗布して施術を開始

Iライン脱毛だったら5分前後、VIO脱毛の場合だとしても10から15分ほどで処置終了します。ジェルなしで脱毛ができるサロンの場合では、5分も必要としないほどスピーディーでスンナリとIライン脱毛が完了します。

お手入れ部位をアイシングして脱毛コンプリート

ラストに脱毛に影響されて熱をもったお肌をクールダウンして、モイスチャー処理をすると全体の処置が完了となります。

処置時間であるとかやり方は脱毛サロンそれぞれでいくらか変化しますが、普通ならこんな感じのステップで脱毛がおこなわれるのです。非常にテキパキと処置を実施してくれますので、照れくさいと思うまもなくスグにIライン脱毛が終わります。

皆さんは照れくさくありませんでした?Iライン脱毛をした人に質問した

Iライン脱毛をした人を対象として聞き取り調査を実施したところ、ほとんどの方が予想していたよりも恥ずかしく感じなかったと答えているわけです。

・スタート時はとても恥ずかしかったのですが店員さんが気づかいしてくれて安心できた
・5分ほどのごく短時間で終了して思いのほか恥ずかしくありませんでした
・はじめの1分程度は恥ずかしかったけれど簡単に慣れた
・3回ほど脱毛をしたところとても慣れっこになっていまや完全になんてことない

こういったふうに初めは例外なく恥ずかしいというような感情があったとしても、すぐさま慣れてしまうとのことです。その上店員さんが心安らぐように声をかけてくれるということから、恥ずかしさであったり張りつめた気持ちがほぐれて心配することなく処置をやって貰えるという人が多いと言えますね。

処置中に濡れませんか?万が一濡れてしまったら?

Iライン脱毛の処置中に濡れないか、って不安を抱く人がとても多いといえます。実際には、光やレーザーをあてるよりも前に冷却用のジェルを塗り込んでIラインのケアをしていくことから、濡れていたとしてもスタッフは気づきません。それにプラスしてIラインなどといったデリケート箇所の脱毛をやるとき、ほぼすべてのスタッフはゴム手袋をつけているわけです。万が一Iラインの処置中に濡れた場合でも、ゴム手袋を付けていればそのことに気が付くわけがありませんよね。スタッフに濡れてることがばれることはありませんので、濡れちゃっても心配することありません。

Iラインとか自分のインナーに接触されない?

デリケート部分やインナーにじかに触れられることはないです。さっきも説明したようにデリケート部分の脱毛をするときは薄い使い切り手袋を付けて実施していきますから、ダイレクトにお肌に触れることはないのです。その上Iラインの処置は使い切りのショーツを履いて実施していくことから、 自分のインナーをつけた状態でIライン脱毛をやるわけでもないので心配はいりません。

こういったふうに脱毛サロンのスタッフは日々処置をやっているので、良い意味合いで流れオペレーションみたいに脱毛をしてくれるのです。恥ずかしい感情よりも、魅力的になりたい感情のほうが大きいという人は、考えていたよりも照れくさくないので思い切りを出してIライン脱毛をしてみてはいかがですか。