ヒートカッターというのは、毛髪を焼き切る品物です。

外見上は電気カミソリと近いですが、刃の位置に電熱線があって、スイッチを加えると高温で温まります。このエネルギーから毛髪がカットされるというシステムです。

家電店や通信販売サイトにて、2000円くらいで扱っています。

ヒートカッターの持ち味には、毛の根元まで処置することが無理なので、5mmぐらい毛髪が残っている状態迄しかケアをすることができないです。

iラインの毛髪をかみそりやシェーバーでスベスベとなるまでそり落とすといった人はあまりなく、長さを短目に合わせるというような方が多いため、結果十分かなって思うのですが、スベスベにさせたいとしたら違う方法を考えないとなりませんね。

代用品ということで使える商品は現時点でありませんから、ヒートカッターを1本持っていればとっても役に立ちますよ。

Iラインシェーバー公式サイト

Iラインのセルフケアにはヒートカッターがイチ押し

ここで、Iラインのセルフケアとしてヒートカッターを利用することをおすすめします。

ヒートカッターって、ヘアを焼いて切ることのできる品物です。ヘアを焼いて切ることが可能なので、お手入れ後の毛先が丸みをおびますから、チクチクしちゃうような違和感や痛さが減ります。

それから毛先がとがった状況下で伸びてしまうことで、下着からはみ出てしまうということがあるのですが、ヒートカッターを利用すれば先っぽが丸くなりますのでアンダーウエアからはみ出るという事もあまりなくなります。

扱い方については、皮膚にじかに触れずにヒートカッターについているコームにヘアを置いて焼くから、素肌を熱傷してしまう心配も無用で心配しないで使えます。

ヒートカッター自体が厚みをもつので、毛をスレスレまで剃り短くしても5ミリぐらい残されるように設定されております。

ヒートカッターは家電店あたりで扱っていまして、通信販売サイトでも扱っているので、入手することがハズいと思う女性も、ネットを使ってどなたにも注視されることなくゲットすることができます。

現にヒートカッターを活用してIラインをケアしてみますと、体位的に対処する部分が見にくいので、前に鏡を立てかけるなどしたらササッと処置出来ます。Iラインのゾーンのお肌を少しずつ引っ張りつつヒートカッターを当て動かし、皮膚を傷つけないよう思いやってセルフケアをしていきましょう。

ヘアが長い状態なら、まずはさみで短く切り詰めてからヒートカッターをあてがうと、ヘアがもつれるリスクも無くし易いと思います。Iラインはちゃんと手入れをするおかげでクリーンさがキープされ、蒸れなどの嫌な思いをやわらげることが可能なので、女性にとって大切なエチケットだと言えます。

ヒートカッターが大変な方はVIOラインの脱毛

ヒートカッターは思いの外、お手軽なメンテナンス方法です。難しさも少なくセーフティもハイレベルですが、とにかく毎度のことになれば大変な人も多いと思います。そういう人はスッパリと脱毛をしてみてはどうでしょう?医療レーザー脱毛も見られるが、VIO脱毛については痛さがきつく、脱毛サロンで処置できちゃう光脱毛がバッチリです。

よくVIO脱毛をやってしまって後悔することがないか不安に思っている人も多いですが、VIOのむだ毛が無くなって困ってしまう事はないです。

ミュゼ/全国179店舗&24時間予約・変更可能