このところVIO脱毛をやってしまう人は多くなってきているようですが、ここで興味深いことが、アンダーヘアの形です。とにかく恋人や配偶者にも見られてしまうところですから、男性視点でどういった風にみられるのか気がかりなポジション。ここでは、基本的に「アンダーヘアのデザインとしてはどういったものが存在しているの?」といった部分から取りあげていこうと思います。

アンダーヘアと簡単に言いましても、実際のところバラエティーに富んだデザインが存在します。脱毛エステで突然、「アンダーヘアのデザインどのようにしましょうか?」と、質問されて困ったりしないように前もってちゃんとアイディアをストックしておくようにしましょう!

さっそく、アンダーヘアのデザインにはどういったものがあるかチェックしていきたいと思います!

”I”とか、”O”ラインは短めに調節するか、まるっきり処置してしまうかの2つに1つって人が多いわけですが、ポイントは”V”ラインをどうしたらいいのか?ではないでしょうか。それでは、最もスタンダードないくつかのデザインをご紹介していきます。

逆三角形

何よりも、標準的なデザインといいますと、逆三角形になるのです。パッと見それほどまでアレンジがあるということはなく、処置してはいるのだけれど、それほどまで人工的ではない、言ってみれば自然な感じの形状のひとつということです。

たまごパターン

たまごスタイル、あるいはオーバルタイプなどという呼ばれ方をされているデザインですね!ネーミングでもわかるように、たまごみたいに丸みをもたせたフォルムに済ませます。丸みは女性っぽいソフトな感じが出てくることから、トライしてみる人も多いそうです。

スクエアタイプ

逆三角形と比べてより一層上部を細々とさせ、”I”のパターンにするというのがスクエアタイプとなります。はだ着からはみ出てくるということがなくて、セクシー系のショーツなどに対してもよく適合します。ただし、間違いなく、とても不自然なデザインというものになります。

ハイジニーナスタイル

現在、国外の方においても人気が高くて、国内でもトライしてみる人が目立つようになってきていると言われるものが、ハイジニーナスタイル、俗にいうパイパンとなるのです。衛生的には非常に良いと思いますが、好みが想像以上に分けられます。

余談ですが、多種多様なVラインのデザインに対応している脱毛エステとして、プリートがあげられます。ここはVIO脱毛専門ショップですから、Vラインのデザインにこだわりを持ちたいとしたら、ちょうどいいと思います。

アンダーヘアの調整し方とは?

アンダーヘアの調整し方としてもやり方もいくつものやり方が存在します。セルフケアで脱毛を行なう、脱毛エステで脱毛を行なう、医療レーザーで脱毛を行なう、というようなやり方が中心的なやり方となっています。いずれのやり方にも同じ様に言い切れるのは、まずは脱毛に着手するのに先立ってどういうデザインに決定するかはっきりさせておく!ということであります。

その中でも、脱毛エステとか医療レーザーで脱毛処理する際、脱毛が終わってから「さすがにあとちょっと残しておくべきだった…」となってしまったとしても、手遅れとなってしまうかもしれませんので、きちんとよくイメージしてから、脱毛を開始するようにしてください。