ラヴィアVライントリマーの使い方・基礎

当サイトではVライントリマーでのお手入れのやり方をご説明させていただこうと思います。

Vライントリマーで正面部位のアンダーヘアを切断します。

Vライントリマー使用方法

スイッチを押しましょう。スイッチを押しつつ、大方ひとつまみくらいの量を摘んで、切り落とします。取り去ることができるボリュームは毛の質次第でかわりますから、ハードな毛の質の方はやや少なく、ソフトな毛の質の方は少し多くしたり合わせてみてください。

※スイッチは押すと同時にカットしていだだきます。スイッチをはなすとオフに変わります。

基本にある取り扱い方法は以上です。カッティングするときに焦げたにおいと煙が発生しますが、これに関してはヒートカットですから、高温に影響されてヘアの先端部が球状に焼かれているためです。欠陥品ではありませんから、心配しないでご活用してみてください。1回お手入れをしたら、次からはカッティングするボリュームも減少しますので、楽ちんに手入れできることになります。一定期間ごとのメンテナンスをオススメいたします。

Vライントリマーの使用方法・応用

Vライントリマーの使用方法をもう少し具体的にご紹介します。

アンダーヘアをいくらかは残しておいてカットしたいつもりなら、お肌より幾らかはなしてカットします。5mm超えの好きな長さにすることが可能となります。

アンダーヘアを短く切りたいのでしたら、素肌にそわせてカットします。このような場合はおよそ5mmの長さでカットできます。スイッチをかなりの時間押し続けると、コームが熱くなってしまう可能性があるので、1回15秒程度をベースとしてください。

長さそろえ用アタッチメントコームをセッティングし、お肌にそわせてカットすると、およそ7mmのナチュラルな長さに揃えてカットすることが可能になります。長さが不規則だと整った感じがしない、とお考えの方はアタッチメントコームのご利用をオススメいたします。

カットする向きは手前方向だって外側向きでも、どちらとも利用可能です。カットするエリアに応じて、向きをチェンジしてお役立てください。

Vライントリマーラヴィアを本当に使わせていただいて評価した

スイッチをプッシュすると、すぐさまカットする事ができることになります。切れ味は素晴らしいものの、あんまり多いボリュームをいっぺんに切ろうと思ってもカットできませんでした。

解説にしたがって、10本くらいを基本としてカットするのがおすすめです。

最初の頃は慣れていないと、熱線がたった1本ですからあんまりきつく当てると形が変わってしまうので注意を払いながら使ってください。

切断した際こげっぽい

カットする際、針金をはじくようなノイズがしたりして、こげっぽいニオイが発生しますが、わたしはそんなに気に障りませんでした。

ムレはある程度緩和した

わたしは、すそわきが保持者なのです。すそわきがの人だったら共感できるかも知れないのですが、暑い時期は熱がこもってデリケイトスポットが確かにとことん蒸れるんですよね。

Vライントリマーでヘアを短くしてみると、デリケイトエリアの蒸れが今までよりも緩和しました。しかし、短くし終えたその日は軽くチクチクしてしまいました。そうは言ってもわたしとしては、蒸れが解決されることは非常に幸せなこと。何といっても蒸れが要因となって、椅子にさえすそわきがのニオイが付く度合いでしたからね

Vライン用なんですが、Iラインにだって活用することができますよ。

根元から切ることは出来ませんけども、短くきれいにするくらいでしたら支障なく利用可能ですし、100パーセント除毛してしまうよりビジュアルも自然と思います。

生理の前にヘアを短くしておくことで非常に爽やかに暮らすことができますよ。おすすめしたいと思います。