「腰から下が毛深い!」と頭を悩ませている女性は間違いなく多くいらっしゃいます。

恋人の目線が心配でたまらない、下着からハミ出てくるといった心配はどういった方にだってあるんです。

モデルの方であってもケアしてやっと人に見せられるものですし、やはり上手く切り揃えておいた方が心地いいです。ここではアンダーヘアの長さはどの程度が最高と言えるのかを解説していきます。

男の人から評価されるアンダーヘアの長さについて

適度なバランスで、その上男の人から評価されるVラインの長さと言うと3cmとなります。

3cmピッタリにするっていうのは困難ですがこの程度を基準にすることで、長すぎることなく短すぎることもなく、女性器だって見えなくしてくれて程よい長さと言えます。

スベスベにした方が蒸れ無い、生理の血がつきにくいとよく伝えられますのですが、ヘアが一切無いのもオススメできません。アンダーヘアは緩衝材の機能を有していることもあって、それなりに残してあった方が生理中のモレを阻止してくれて清潔です。

それからなんといっても、「ヘアがないと男と遊び慣れているようでぶっちゃけ引く」というような男性の方も少なくないのです。

ヘアをキープしていたとしても短すぎるとチクチクしちゃって感触が良くありませんし、3cmあたりに保っておくようにケアをするということが理想的ですね。

エステでVIO施術を受ける場合取っておくポイントを設定したり、自己処理でアンダーヘアの長さを調節しておくと恋人からの評価が格段によくなると断言できますよ。

アンダーヘアの長さを調整するのってヒートカッターが理想的!

アンダーヘアの毛先を切り揃えるためにハサミを利用する人は多いようですが、これだと毛先がチクチクしちゃってお肌の炎症が生じる原因となる場合が多いです。

そういうわけで、高温で毛先を丸くさせることができるヒートカッターでちょっとずつ焼き落としていくことが手堅い方法です。

広い範囲のお手入れは不向きなのですが、肌着からはみ出てくるポイントを照準を合わせてケア施しやすいですから、初心者の方はとりあえずVラインのお手入れから段階的にはじめてみることをおすすめします。

Iライン、Oラインはお手入れが簡単ではないので、不慣れなうちは置いておくか、エステで処置していただくこともおすすめです。

V.I.Oそれぞれで理想的な長さとは?

ここまではアンダーヘアの長さは「3cm」が一番であると記述しましたが、これに関してはメインとしてVラインのことです。Vラインは自分自身でも確認することができるスポットだし、とび出しとかはみ出が特に気にかかるゾーンと言えるでしょう。

それでは、IラインやOラインはどの程度の長さが最高なんでしょう?部分ごとに解説していこうと思います。

Iラインの長さはどの程度が一番?

Iラインは脚のつけ根の部分、局部の両サイドのことを指します。

かみそりで剃るとか毛抜きで引っこ抜いた場合、際立って黒ずみが発生しやすいエリアで、セルフケアにおきましてはいわば関所なのです。

お手入れが困難なエリアなんですが、このポイントを処置するかそうでないのかで男性の方からの評価がまるっきり違ってくるのです。

「剛毛だとしたらクンニがしづらい」、「だからといってスベスベであれば遊んでるっぽい」などというような、要求が多くあるエリアなんですが、整えておきさえすればリアクションが明らかに違ってくるのです。

女性にしてもIラインが剛毛だったらおりものだったり生理の時の血がくっついたり、むれて臭いがきつくなりやすいから、エステで脱毛処理する方が少なくありません。

当然ですが、Iラインをツルツルにしてしまうのは気が引ける・・・と思うのだってそんなに珍しくはないのです。

Iラインを残しながら処置するつもりなら、シェーバーとヒートカッターで長さをコントロールすることをオススメいたします。

Iラインは内と外でお手入れのやり方を変化させると理想的な長さにできあがることから、はじめに内にヒートカッターを使うようにしましょう。

内側の長さはVラインにくらべて短めで、5ミリほどに切り整えるのが理想的です。それから外はシェーバーで、素肌をちょっと引っ張ったらお手入れしやすくなるのです。アンダーヘアの長さをきれいに取りまとめながらケアしてみましょう。

Oラインの長さはどれぐらいが一番?

Oライン(お尻の奥深いところ、肛門周辺のヘア)は最もお手入れが大変なエリアとなります。

自分自身でダイレクトに確認できないことから不用意に処置すると負傷することが多いですし、ヒートカッターであってもOラインのお手入れに限っては止めるべきです。

自分自身で確認できない部分のヘアのお手入れがどうして人気なんだろうかと言いますのは、V・Iラインをお手入れしたら繋ぎ目が気になりだしたと感じている方が少なくないからです。

確かにやってみれば理解できるのですが、正面から確認してみるとすっきりしているけれど、女性器からお尻までのラインが少しずつ毛深くなっていれば無様に見えることになります。

他人に見えてないのですが、便がヘアにつく、お尻をふいた場合にヘアが抜け落ちるのは決まりが悪いといった意見もあります。

Oラインをセルフケアする際には、電気シェーバーでシェービングするかブラジリアンワックスで脱毛処理するのをオススメいたします。